10月のブルーベリー栽培…紅葉&凍結防止にマルチングを

TOP > ツツジ科 > ブルーベリー最終更新【
目次
  • 10月のブルーベリー栽培のコツ
  • 水やり
  • 庭植えの水やり
  • 鉢植えの水やり
  • 肥料
  • 植え付け・植えかえ
  • 管理場所・日当たり
  • マルチング
  • 来月以降は?
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    10月のブルーベリー栽培のコツ

    10月になり涼しくなってきて、水切れもしなくなります。地域によっては寒さに当たって紅葉します。ブルーベリーは秋の紅葉も鑑賞価値のあるものです。果実も美味しくて紅葉も綺麗なんて凄いですよね。

    土が凍るような寒冷地は冬になる前に、マルチングをして根を守ります。霜柱も立たないような地域ならばマルチングは不要です。

    水やり

    庭植えの水やり

    普通の庭木であれば、自然の雨だけでいいのですが、ブルーベリーは根が浅くて水切れしやすいので、庭植えですが水をやります。ですが、もう気温が下がっていて水の蒸発が鈍くなっていているので、頻繁に水やりをする必要はありません。乾燥するようならば、水をやる程度にします。

    鉢植えの水やり

    土が乾いていたら水をやります。土が濡れているのに水をやっていると根腐れしますので、必ず、土を指で触ってみて確認してから水をやります。

    肥料

    肥料はやりません。10月に伸びた新枝は11月以降の寒さで枯れやすいので、新枝が伸びているようであればこれは肥料過多です。今後は肥料は控えていきましょう。

    植え付け・植えかえ

    暖地・中間地の霜柱の立たないような地域であれば、10月に植え付けをすることが出来ます。10月に植えると冬を越して春に生育が良いです。寒冷地の場合は10月に植えると寒さで枯れてしまうかもしれないので、植え付けはせず、3月4月に植えるようにします。

    管理場所・日当たり

    日当たりか半日陰で管理します。

    マルチング

    冬に気温がマイナス10度前後まで下がると、土が凍ります。土が凍ると根の浅いブルーベリーは根を傷め、生育不良を起こし、場合によっては枯れてしまいます。そこで、寒冷地では10月に株元に腐葉土・ワラ・おがくず・籾殻などでマルチングをします。
    マルチの厚さが10センチくらいになるようにします。
    マルチングの敷きワラ
    マルチングの敷きワラの購入はこちら

    来月以降は?

    先月の栽培については
    を参考に。
    来月以降については
    を参考にしてください。
    スポンサーリンク
  • ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク