12月のブルーベリー栽培のコツ

TOP > ツツジ科 > ブルーベリー最終更新【
目次
  • 12月のブルーベリー栽培のコツ
  • 水やり
  • 庭植えの水やり
  • 鉢植えの水やり
  • 肥料
  • 植え付け・植えかえ
  • 管理場所・日当たり
  • 庭植えはマルチングを
  • 重要!寒さに当てる
  • 雪対策を
  • 来月以降は?
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    12月のブルーベリー栽培のコツ

    植え付け・植え替えが終わっていて、寒冷地の人の場合は雪対策が終わっているならば、12月から2月までは普通の管理以外は何もすることがないです。暖地・中間地では乾燥するようであれば水をやります。

    水やり

    庭植えの水やり

    寒冷地では雪が降っているので、もう水やりは無理です。暖地・中間地では冬の乾燥で水切れを起こすので、乾燥するようであれば水を定期的にやってください。

    鉢植えの水やり

    土が乾いてから数日経ってから水をやるようにします。水をやる時は、鉢の底から水が染み出すくらいにしっかりとやります。受け皿に水が溜まっているようならば水を捨ててください。水が溜まっていると、根腐れを起こします。

    肥料

    肥料はやりません。

    植え付け・植えかえ

    雪の無い、土が凍結しない中間地・暖地であれば12月でも植え付け・植え替えは可能です。12月〜2月は厳冬で植え付け・植え替えのダメージに寒さで弱るので、できれば11月までに終わらせた方がいいです。

    管理場所・日当たり

    鉢植えは日当たりのいい場所で管理します。ただ土が凍るような場所には置かないでください。ブルーベリーは寒さには強いです。ハイブッシュ系はマイナス25度まで耐えます。しかしブルーベリーは根が浅いために土が凍ると根が傷んでしまいます。

    庭植えはマルチングを

    土が凍結する寒冷地でブルーベリーを育てていて、庭植えの場合は、土が凍らないように株元に腐葉土・ワラ・木の皮などでマルチングをして土が凍らないようにします。株元に腐葉土などを10センチの暑さで敷いてください。
    園芸用敷きワラ
    園芸用敷きワラの購入はこちら

    鉢植えは土が凍らない軒下などに移動させてください。その上で、できるだけ日当たりで。

    重要!寒さに当てる

    ブルーベリーは秋に入り落葉してしまい休眠に入ります。この休眠から目覚めるためには「寒さに当てる」ことが条件になります。寒さに当たらないと春以降の生育が鈍くなり、収穫に影響します。
    ノーザンハイブッシュ…7度以下を650から800時間。
    ラピッドアイ…7度以下で400から600時間。
    サザンハイブッシュ…短い時間で休眠から目覚めます。

    よってブルーベリーを管理する場所は、土が凍らない軒下で戸外です。戸外で寒さに当ててください。室内に取り込む場合は、上の条件を満たすような寒い場所で管理するようにしてください。

    雪対策を

    寒冷地では雪が枝に積もって、枝が折れてしまいます。なので雪が積もって折れないように雪囲いしてしまいます。紐で枝を縛ってください。12月は完全に落葉していますから、さっさとやってしまいましょう。

    来月以降は?

    先月の栽培については
    を参考に。
    来月以降については
    を参考にしてください。
    スポンサーリンク
  • ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク