バラ・フー・ペルネ・デュシュエ

TOP > バラ科 > 薔薇 > ハイブリッドティー最終更新【
バラ・フー・ペルネ・デュシュエ
バラ・フー・ペルネ・デュシュエ
科名バラ科
属名バラ属
学名Rose Feu Pernet-Ducher
耐寒マイナス20度
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
剪定
目次
  • バラ・フー・ペルネ・デュシュエの特徴は?
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    バラ・フー・ペルネ・デュシュエの特徴は?

    バラ・フー・ペルネ・デュシュエは1935年にフランスで作出されたハイブリッドティー系のジュリアンポーチンとマーガレットマクグレディの交配した品種。木立性で四季咲き。花は大きめで、樹高は1m〜120cmと小さめ。寒さに強い。

    初期のバラには赤・ピンク・白がほとんどで黄色はモッコウバラと、ロサ・フェティダとその系譜だけでした。でもこのフェティダは一重咲きで、ラテン語で「悪臭」という意味で、臭くて、使えない品種でした。しかし、希少な黄花ですので重要視はされていました。

    その中で1900年になってソレイユ・ドールという八重咲の黄花品種が生まれます。しかし、このソレイユ・ドールは一季咲きで黄色というよりはオレンジでした。

    このソレイユドールから1920年にスブニール・ド・クロージュペルネが生まれます。こちらはオレンジではなく、完全なる黄花で、しかも四季咲きの「最初の黄バラ」と呼ばれます。このスブニール・ド・クロージュペルネからいくつもの黄バラが生まれます。そうして生まれたものの一つが「フー・ペルネ・デュシュエ」です。この「ペルネ・デュシュエ」というのは、スブニール・ド・クロージュペルネの作出者の名前で、その功績に対して敬意を表してつけられた名前なんです。

    栽培の詳細は
    もしくは通常のバラと同じなので
    を参考にしてください。
    スポンサーリンク
  • ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク