ベゴニア・デヴィシー

TOP > シュウカイドウ科 > ベゴニア最終更新【
ベゴニア・デヴィシー
ベゴニア・デヴィシー
科名シュウカイドウ科
属名ベゴニア属
学名Begonia davisii
別名ベゴニアダービシー
耐寒5度
水やり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
目次
  • ベゴニア・デヴィシーの特徴は?
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    ベゴニア・デヴィシーの特徴は?

    ベゴニア・デヴィシー(ダービシー・ダヴィシー)はシュウカイドウ科ベゴニア属の非耐寒性多年草の種。1876年にペルーで発見され、初期の塊茎ベゴニアの品種の交配でよく利用されていた原種。ビクトリア期の植物蒐集家のウォルター・デービスにちなんだ学名。

    草丈は低く、根本から緑の葉っぱを広げ、オレンジの花が咲く。

    栽培することはないと思いますが、栽培するのであれば
    を参考にしてください。
    スポンサーリンク
  • 関連するユーザーの記事

    ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク