サンリッチライチ(ヒマワリ)の育て方

TOP > キク科 > ヒマワリ最終更新【
サンリッチライチ
nophoto
科名キク科
属名ヒマワリ属
学名Helianthus annuus sunrich
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
目次
  • サンリッチライチとは?
  • 育て方のまとめ
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    サンリッチライチとは?

    サンリッチライチはサンリッチ系のオレンジ色のヒマワリ。花びらの外側はオレンジ、中心付近は茶色で、中心は黒。攻めた色合いのヒマワリ。サンリッチ系はフルーツの名前(パイン・レモン・バレンシアなど)をつけるものだけど、「ライチ」かー。ライチかー。そーかー。どうしてライチなんだろう。

    サンリッチは切り花用のヒマワリで、花粉が出ず、服を汚さない。丈は低め。花の直径は20cm前後だが、環境によってかなり違う。種子ができないので、来年こぼれ種で出てくることもない。分枝はしづらい。開花までは最短で55日。
    草丈1.5m

    育て方のまとめ

    ●育て方の詳細はヒマワリを参考にする。
    ●育てる環境(株間・日光・肥料)によって大きさはかなり違う。
    ●開花まで一ヶ月半から二ヶ月。
    ●移植は不可。
    ●日光が大事。日当たりが悪いと大きくならない。
    ●肥料はあったほうがいい。無くても枯れないけど。
    ●植え付けは5月から7月。8月でも開花に間に合う。
    ●支柱はあったほうがいい。
    スポンサーリンク
  • 関連するユーザーの記事

    ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク