ヒマワリ・ロシアの育て方

TOP > キク科 > ヒマワリ最終更新【
ヒマワリ・ロシア
nophoto
科名キク科
属名ヒマワリ属
学名Helianthus annuus
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

ロシアとは?

ロシアはキク科ヒマワリの中でもでも巨大な花を咲かせることで有名な品種。日本で巨大輪ヒマワリということコレ。

一輪だけ開花させた方が、その一輪が大きくなるので、脇芽のツボミは摘んだほうがいい。ロシアでよく栽培されていることからロシアと呼ばれる品種。食用。

普通に育てていて丈が2m以上、花は25cm以上になる。条件が良ければ4mにもなる(鉢植えにすると小さくなるので普通は庭植え)。

ヒマワリ栽培をする人は一度はロシアを通る。一回は育ててみたいよね。花自体の寿命は10日ほどと短く、基本的に1個しか咲かない。巨大な花に大量の種子をつけるので、食用・ハムスターの餌用に育てる人が多い(ハムスターの餌を蒔くとロシアだった!ってことが多い)。

花がうつむいたら種子が熟したサイン。そのとき必要ならば収穫する。こぼれダネで翌年も出る。開花まで80日ほどかかる。必ず支柱が必要。緑肥(花が終わったら土にすき込んで肥料にする)として育てることもある。

更に大きい「タイタン(食用)」という品種がある。
大きさ・草丈・樹高
2mから4m
ヒマワリ ロシア 種の商品画像
ヒマワリ ロシア 種の購入はこちら

最初に簡単にまとめ

●育て方の詳細はヒマワリを参考にする。
●開花まで80日。
●日光が大事。日当たりが悪いと大きくならない。
●肥料がないと大きな花にならない。
●庭植えが普通。プランター・鉢植えにするんならロシアじゃなくても。
●植え付けは5月から7月。8月でも開花に間に合うかも。
●支柱がないと折れるし危ない。

水やり

大きな花を咲かせ、一本堂々と立っている印象で乾燥に強そうに思うが、足元の風通しが良すぎて、水切れしやすい。

庭植えの場合も水やりはする。葉っぱがしおれないように水をやり、それでも不足するようならば株元にマルチングをして乾燥を防ぐ。

肥料

大きな花を咲かせるのは肥料が必要。生育期間は緩効性肥料(化成肥料)を月に一回やる。
化成肥料の商品画像
化成肥料の購入はこちら

植え付け

時期

5月から7月に苗を植える。3ヶ月ほどで開花して収穫できる。

用土

一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割か4割ほど腐葉土か堆肥を混ぜて土を作る。

植え付けの手順は?

庭植えの場合は、最低でも50cm、大きく育てる場合はもっと深い穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株と株は50cm以上空ける。できればもっと…80cmから1m空ける。株間を空けた方が大きく育ちやすい。

支柱も必ず立てる。

鉢植えにすると小さくなるので、大型品種を植えるなら普通は庭植え。鉢植えにするなら、もっと枝分かれして、よく開花する品種を植えた方がいい。
参考種まきなど詳細な情報は「ヒマワリ」のページを参考にしてください。

管理場所・日当たり

ヒマワリ・ロシアは日光を好み、日光に当たるほどによく生育する。できれば一日中日光が当たると大きく育つ。できれば密生させない方が、病気も予防できる。

その他

その他の病害虫や管理方法の詳細、雑記などは「ヒマワリ」のページを参考にしてください。
スポンサーリンク

関連する花BBSの投稿

関連するユーザーの記事

スポンサーリンク