バラ・オフェーリア

TOP > バラ科 > 薔薇最終更新【
バラ・オフェーリア
バラ・オフェーリア
科名バラ科
属名バラ属
学名Rose ophelia
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
目次
  • バラ・オフェーリアの特徴は?
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    バラ・オフェーリアの特徴は?

    バラ・オフェーリアは1912年にイギリスのウィリアム・ポールによって作出されたハイブリットティー系のバラの品種で半剣高芯咲。四季咲きでよく開花する。香りが強い。株が小さいうちは花が少ないが、大きく育つと開花が多い。一輪は小さいが、花いろが淡く、美しい。樹高は1.3mと栽培しやすい大きさに収まる。古い品種で、昨今流通している品種ほど病害虫にも強くないので、一般的にはあんまり栽培されていませんが、多少は流通しています。多くの品種の先祖となっています。

    シェイクスピアの戯曲ハムレットの登場人物のオフェリア(オフィーリア)にちなんだものだと思われます。

    Antoine Rivoireのタネをまいたら生えてきたという、意図的に交配させたものではないという話もあります。

    栽培は通常のバラと同じなので
    を参考にしてください。
    スポンサーリンク
  • ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク