ピンクキッスの育て方

TOP > ナデシコ科 > ナデシコ > カーネーション最終更新【
ダイアンサス・ピンクキッス
ダイアンサス・ピンクキッス
科名ナデシコ科
属名ナデシコ属
学名Dianthus caryophyllus 'pink kisses'
耐寒0度
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
目次
  • ナデシコ・ピンクキッスの特徴は?
  • ピンクキッスの水やり
  • ピンクキッスの肥料
  • ピンクキッスの植え替え・植え付け
  • 時期・頻度
  • ピンクキッスの用土
  • 鉢植えの植え替え手順は?
  • ピンクキッスの管理場所
  • ピンクキッスの剪定・切り戻し
  • ピンクキッスの病害虫
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    ナデシコ・ピンクキッスの特徴は?

    ナデシコ科の多年草のカーネーションの美しい品種、ダイアンサス・ピンクキッスは、小さな八重咲きの花を春から秋にかけて咲かせます。夏の暑さに弱いため、しばしば枯れてしまいますが、夏を乗り切ることができれば、秋には再び花を咲かせます。この植物の草丈は20cmほどであり、寄せ植えにも最適で、他の植物との相性も良く、使い勝手が良いとされています。

    ある程度の高さがったら、切花として部屋に飾ると結構長持ちしますよ。
    切花にするときは水揚げをするとよいです。

    ピンクキッスの水やり

    どちらかというと乾燥を好むため、土が完全に乾いてから水をやることが大切です。早めに水を与えると根腐れの原因となります。用土の表面が乾き始めたら株元に水を与え、鉢底から十分な水が出るまでたっぷりと与えましょう。

    水やりの際は、上からかけるのではなく、株元に水を与えるようにしましょう。花やつぼみに水がかかると、しぼんだり咲かなかったりすることがあります。また、庭植えの場合は雨水だけでも十分ですが、雨が直接当たると花が傷みやすくなるため、軒下で管理し、鉢植えと同様に水やりをすると長く楽しめます。

    ピンクキッスの肥料

    植え付け時に使った元肥がなくなったら、植え付け後1か月が経過したら、春から秋にかけて成長する期間に、液肥を薄めたものを週に1回与えましょう。肥料が少ないと花が少なくなります。

    ただし、梅雨や真夏は、高温多湿で弱っているため、肥料は与えないでください。この植物は頑丈で、肥料が少なくても枯れることはありません。
    液体肥料
    液体肥料の購入はこちら

    ピンクキッスの植え替え・植え付け

    時期・頻度

    春(3月〜5月)または秋(10月〜11月)に苗を植えます。夏や冬には根詰まりしてしまう場合があるので、その場合は同じように春か秋に植え替えをします。

    購入後にも、根詰まりしているようであれば、5月下旬になって花が一通り咲き終わった頃に、土を落とさないで少し大きめの鉢に植え替えると良いでしょう。

    ピンクキッスの用土

    一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。自作する場合は赤玉土7腐葉土3に化成肥料を混ぜたものを使います。

    鉢植えの植え替え手順は?

    鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

    開花しているときなら、土を落とさないで新しい土を足して鉢増ししましょう。開花していない時期の春か秋なら、少し土を落として、同じ大きさの鉢か、一回り大きな鉢に植え替えます。

    ピンクキッスの管理場所

    日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。もしくは半日陰で管理します。

    夏は高温多湿が苦手なので、風通しの良い涼しい半日陰で管理するといいです。

    冬は、寒さに強いので戸外で冬越し可能ですが、雪や霜に直接当たると株が傷みます。一回の霜では枯れなくても弱ってしまうので避けたいです。また、土が凍結すると根まで痛めて枯れてしまいますので、中間地では凍結予防で腐葉土やワラでマルチングをするといいです。寒冷地では軒下等で管理してください

    ピンクキッスの剪定・切り戻し

    咲き終わった花がらは、こまめに切り取りましょう。

    ピンクキッスの病害虫

    アブラムシ、ヨトウムシなどが発生します。
    スポンサーリンク
  • 画像投稿BBS
    ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク