一般的な苗の鉢植えの方法

TOP > 雑学 最終更新【
目次
  • 一般的な苗の鉢植えの方法
  • 用土について
  • 鉢について
  • 植え方
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    一般的な苗の鉢植えの方法

    ここでは一般的な鉢植えの方法をまとめています。植物の種類によって用土の配合や植え付けの方法は微妙に違います。ここではザックリとした鉢植えへの植え方です。
    まとめ
    ●用土と鉢と網と軽石を用意する。
    ●用土は大抵は一般的な培養土で事足りる(各植物の詳細のページを参考にしてください)。
    ●鉢の底に網を敷く。
    ●軽石を2センチから3センチほど敷く。
    ●その上に用土と苗を置いて植え付ける。
    ●苗の根の土は落とす場合と落とさない場合がある。詳細は各植物のページを参考に。

    用土について

    用土を用意します。
    用土は一般的には「花と野菜の培養土」でほぼ通用します。最近では「シクラメンの専用の土」だとか「ポインセチアの専用の土」というようにその種類に適した培養土も最近は販売していますので、これでもいいです。ちょっと高いですけど。
    もしくは自作します。自作する場合の土の配合は各植物のページを参考にしてください。
    ●土は必ず新しい土を用意してください。
    ●古い土で植えると連作障害を起こしたり、肥料の栄養が偏っていて生育障害を起こします。

    参考
    必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)
    古い土の処分方法(初心者向け)
    自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)
    100円ショップの安い土はダメか?(初心者向け)

    鉢について

    プラスチック鉢や素焼き鉢などがありますが、基本的にはそんなに違いはありません。育たないほどではないです。ただし山野草は適した鉢を。またラン類も各植物のページを参考にしてください。
    参考
    駄温鉢と素焼鉢の違い
    グラスファイバーの鉢

    植え方

    鉢の底の穴を網で塞ぎます。
    ●網はホームセンターで売ってます。
    ●網は土が流れ出るのを防ぐためのものです。

    その上に軽石を2センチから3センチほど敷きます。
    ●軽石は水はけを良くするためのものです。
    ●軽石を敷かないこともあります。

    その上に用土を入れて、苗を入れて、苗と鉢の間の隙間に用土を詰めていきます。鉢をトントンと叩くとまた隙間ができるので、その隙間に用土を入れて、隙間ができなくなるまで続けます。
    あとは水をやって、鉢底から水が出たら完了です。
    ●苗の土を落とす場合と、一切落とさない場合があります。根が弱い植物は土を落とすと根が傷ついて生育不良を起こしたり、枯れることがあります。必ず、各植物の詳細を参考にしてください
    スポンサーリンク
  • 関連する花BBSの投稿

    12月31日

    11月2日

    7月20日
    ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク