フユシラズ(冬知らず)の育て方

TOP > キク科 > キンセンカ最終更新【
フユシラズ
フユシラズ
科名キク科
属名カレンデュラ属
学名Calendula arvensis
別名冬咲きカレンジュラ、ヒメキンセンカ
耐寒マイナス15度からマイナス10度
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
目次
  • フユシラズとは?
  • フユシラズの水やり
  • フユシラズの肥料
  • 植え付け・植えかえ・種蒔き
  • 時期
  • フユシラズの用土
  • 鉢植え
  • 庭植え
  • 種まき・こぼれダネ
  • フユシラズの管理場所・日当たり
  • フユシラズの病気・害虫
  • 特徴・由来・伝承
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    フユシラズとは?

    フユシラズは地中海原産のキク科カレンデュラ属の耐寒性宿根草。自生地では道端に生える雑草。冬咲きカレンジュラ、ヒメキンセンカとも呼ばれます。昼になると花が開き、夜になると閉じます。

    あくまでキンセンカカレンジュラ)の一種が「フユシラズ」であって、キンセンカ=フユシラズではないのですが、同じものだと思っている人は多いです。

    開花が多く、寒さにも強いのですがキンセンカと比べると花は地味で、野草っぽいです。

    秋に植え付けて、冬から春にかけて花を咲かせ、その後消えて無くなる一年草扱いですが、こぼれダネで翌年も生えてくることが多いです。

    耐寒温度はマイナス15度からマイナス10度で、霜に当たっても枯れず、非常に寒さに強いので冬のガーデニングでは定番の種です。
    草丈10cm〜50cm

    フユシラズの水やり

    土が乾いていたら水をしっかりとやります。フユシラズは乾燥すると病気になりますので、極端に乾燥しないように気をつけましょう。土が濡れているうちに水やりをしていると根腐れします。庭植えの場合は、ほぼ水やり不要。あまりに乾燥するなら水をやる程度です。

    フユシラズの肥料

    花が咲いている時期は液肥を月に二回か三回ほどあげると、花つきがよくなります。あまり肥料を必要としていないので、基本的に控えめにしておきます。

    ただ、フユシラズに日光が当たっているのに、葉っぱが黄色くなっているようならば肥料不足かもしれませんので、肥料をやってください。

    植え付け・植えかえ・種蒔き

    時期

    秋に苗が出回るので、それを植えます。

    フユシラズの用土

    赤玉土7に腐葉土3を混ぜた土か、市販の培養土で植え付けます。フユシラズは酸性の土を嫌いますので、市販の土や用意した土を使わずに庭の土に植える場合は、石灰を混ぜて中和させてあげないと、生育が鈍くなります。市販の培養土は中性に中和してあるので石灰は不要。

    鉢植え

    鉢植えにする場合、鉢の底の穴に鉢底網(鉢底ネット)を敷いて、その上に鉢底石(軽石)を2cmか3cmほど敷いて、用土を入れて、その上に苗を置き、隙間に土を入れていきます。

    鉢を揺らすと隙間ができますので用土を入れて、隙間ができなくなるまで繰り返して、最後に水をやって完成です。鉢底から水がちゃんと出ているか確認してください。

    一年草なので植え替えることはありません。

    庭植え

    庭の土は掘り返して苦土石灰を混ぜて中和させます。中和反応は一週間〜十日ほどかかるので、一週間後にこの土に2割〜3割ほど腐葉土か堆肥と、化成肥料を規定量、混ぜて用土とします。

    フユシラズは土に有機質(腐葉土や堆肥)が多いと、草丈が高く育ちます。そうなるとなんだか可愛くないですし、そもそも痩せ地でも育つので、有機質は入れてもいいですが、入れなくてもいいです。

    株同士は20cm〜30cm空けて、配置し、隙間に用土を入れて、最後にしっかりと水をやって完成です。

    種まき・こぼれダネ

    ポットで育苗してもいいですが、適当に庭にまくか、こぼれダネで生やした方が楽というか、それでも十分出てきます。

    開花後に種子をつけ、これが梅雨〜秋に発芽します。梅雨〜夏に発芽したものは暑さで消えてなくなります。秋以降に発芽しものが、生育して冬〜春に花を咲かせます。発芽したら、株間20cm〜30cmになるように間引いていきましょう。

    フユシラズの管理場所・日当たり

    日当たりのいい場所で管理します。秋に植え付けて冬から春にかけて花を咲かせます。冬の寒さに強いのですが、あまりに寒冷地だったり、強い寒風が吹きぬける場所に植えると、葉っぱが傷むことがあります(傷むけど枯れない)。

    耐寒温度はマイナス10度からマイナス15度あたり。寒さで枯れることはないです。しかし、高温に非常に弱く、夏には暑さで枯れてしまいます。

    フユシラズの病気・害虫

    ほとんど病気・害虫は見られません。

    たまにウドンコ病・アブラムシ・ヨトウムシが発生することがあります。発生したら、テデトールしましょう。

    特徴・由来・伝承

    キンセンカ(カレンジュラ・カレンデュラ)の耐寒性の高いもの品種が「冬知らず」という名前で流通しています。少々霜に当たっても、雪をかぶっても、花を咲かせます。真冬では寒さに強いビオラ類も寒さのあまりに花が衰えてしまいますので、冬のガーデニングで重宝がられる人気品種です。
    スポンサーリンク
  • ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク