ヒメセキショウ(姫石菖)の特徴は?

TOP > ショウブ科 > セキショウ最終更新【
ヒメセキショウ
ヒメセキショウ
科名ショウブ科
属名ショウブ属
学名Acorus gramineus
別名姫石菖
耐寒マイナス10度〜マイナス15度
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
目次
  • ヒメセキショウ(姫石菖)の特徴は?
  • ヒメセキショウの水やり
  • ヒメセキショウの肥料
  • ヒメセキショウの管理場所
  • ヒメセキショウの植え替え・植え付け
  • ヒメセキショウの病害虫
  • 最後に…
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    ヒメセキショウ(姫石菖)の特徴は?

    ヒメセキショウ(姫石菖)は東アジアに自生するショウブ科ショウブ属の常緑多年草の石菖セキショウ)の矮性種で、草丈は10cm〜15cmくらい。小型で小さな鉢に植えて盆栽に利用されることが多い。また、斑入りの品種が多くあり、盆栽に利用されるのは斑入り種が多い。春から初夏にかけて開花するんですが、「花」ではなくて地味な穂なので花ではなく葉を鑑賞するものです。
    草丈10cm〜15cm

    ヒメセキショウの水やり

    自生地は水辺で水を好みますので、鉢植えであれば腰水にするか、水やりの頻度を増やします。腰水が便利です。

    ヒメセキショウの肥料

    5月〜9月に化成肥料を一ヶ月に一回、説明書きの容量の半分以下をやるか、液体肥料を一ヶ月に一回やるといいです。

    ヒメセキショウの管理場所

    日当たりでも半日陰でも明るい日陰でも育ちます。冬の寒さにも強く、耐寒温度マイナス10度〜マイナス15度まで耐えます。

    ヒメセキショウの植え替え・植え付け

    10月〜4月の活動が鈍い時期に植え替えをします。かなり細かく株分をしても問題なく生育するくらいに頑健な植物です。

    用土は問いません。一般的な培養土でもいいですが、ケト土1赤玉土1を混ぜたものが水もちがよく生育に適しています。

    鉢植えは一般的な植え付けを同じです。鉢底の穴を鉢底ネットで塞ぎ、その上に鉢底石を2cm入れ、その上に用土を入れ、苗を入れ、隙間に用土を入れます。腰水にする場合は、鉢底石などは流れ出ないのであればなくてもいいです。でも、入れた方が無難です。

    ヒメセキショウの病害虫

    ほとんど見られない。

    最後に…

    育て方の詳細はセキショウと同じなので以下のページを参考にしてください。
    スポンサーリンク
  • 画像投稿BBS
    ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク