シレネ・ピンクパンサーの育て方

TOP > ナデシコ科 最終更新【
シレネ・ピンクパンサー
シレネ・ピンクパンサー
科名ナデシコ科
属名シレネ属
学名Silene caroliana
別名シレネカロリアナ
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
種蒔
植え
肥料
目次
  • シレネ・ピンクパンサーの特徴は?
  • ピンクパンサーの水やり
  • ピンクパンサーの肥料
  • ピンクパンサーの植え替え・植え付け
  • 時期・頻度
  • ピンクパンサーの用土
  • 鉢の植え付け手順
  • 庭植え・地植えの手順
  • 種まき・育苗
  • ピンクパンサーの管理場所
  • ピンクパンサーの剪定・切り戻し
  • ピンクパンサーの病害虫
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    シレネ・ピンクパンサーの特徴は?

    シレネ・ピンクパンサーはナデシコ科の多年草。春から初夏にかけてピンクの花をたくさん咲かせます。花壇や寄せ植えなどに使えるだけでなく、地面を覆うグランドカバーとしても使われます。咲くとシバザクラみたいです。

    発色の良いピンク色やマットピンク色、さらには白い花を咲かせる品種もあります。

    北アメリカ原産の草花で、たくさんの枝を伸ばし、匍匐するように広がります。春から初夏にはピンクの小さな花をいっぱいに咲かせ、見事な花壇を作ります。本来は多年草ですが、日本の暑さには弱く、夏前までの一年草として扱われます。

    シレネ・ピンクパンサーは繁殖力が旺盛で、時にはコンクリートの割れ目からも花を咲かせます。環境が良ければこぼれ種で増えることもあるので、手間をかけずに増やせる点も魅力的です。
    草丈20cm〜30cm
    シレネ ピンクパンサー
    シレネ ピンクパンサーの購入はこちら

    ピンクパンサーの水やり

    庭植え(地植え)の場合は、根がしっかりと張り、根付いた後は雨水だけで充分なので、水やりは必要ありません。日照りが続くようなら様子を見て水やりをしましょう。

    鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水を与えてください。受け皿に溜まった水は捨ててください。

    ピンクパンサーの肥料

    開花期間中は、定期的に肥料をやるとよく開花しますがなかったからって枯れることはないです。また、植付け時に元肥を十分に与え、その後も月に1~2回、液体肥料を追肥として与えるようにしましょう。
    液体肥料
    液体肥料の購入はこちら

    ピンクパンサーの植え替え・植え付け

    時期・頻度

    苗が冬〜春に流通するのでこれを植えるか、秋に種をまいて育苗して植え付けます。夏に枯れる一年草扱いなので、植え替えることはないです。

    ピンクパンサーの用土

    シレネ・ピンクパンサーは乾燥気味の土を好むため、水はけが良い土に植え付けましょう。市販の草花用培養土で問題なく育ちます。庭植えの場合は庭土に腐葉土か堆肥を追加して、用土とします。

    庭土の水はけが悪いなら、川砂・軽石小粒・パーライトなどを入れて水はけをよくして植えましょう。

    鉢の植え付け手順

    鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

    夏には枯れる一年草扱いですので、鉢を植え替えることはないです。

    庭植え・地植えの手順

    シレネ・ピンクパンサーを植える場合は、深さ20cmから25cm程度の穴を掘ります。大きな石があれば取り除いておきましょう。掘り出した土には腐葉土や堆肥を庭土に対して3割から4割程度混ぜ合わせ、化成肥料を説明書通りの規定量、加えてよく混ぜます。出来れば、土を馴染ませるために1週間ほど寝かせます。

    穴に半分程度土を戻し、株を植えます。株同士は25cmほど離して植えましょう。株を立てたら、隙間に残りの土を入れ、最後に十分に水を与えます。これで、シレネ・ピンクパンサーの植え付けは完了です。

    種まき・育苗

    シレネ・ピンクパンサーは、種まきのベストな時期が9月~10月であり、発芽率が非常に高いため、こぼれ種でも増えることがあります。直接地植えでも育ちますが、多数の苗を必要とする場合は、育苗トレーに種をまいて、本葉が2~4枚になったらポットに移植する方法が便利です。

    こぼれダネでも増えることがあるくらいなんで、そこまで丁寧にしなくても大丈夫で、庭に種をまいても生育しますし、植え付ける手間がかからないので楽です。

    ピンクパンサーの管理場所

    シレネ・ピンクパンサーは、風通しと日当たりが良い場所で育てると良いです。日当たりが良ければ、花の数も増えます。地植えでも鉢植えでも育てることができます。日本では、夏に枯れる一年草扱いの植物です。

    寒さには非常に強く、防寒の必要はないです。

    ピンクパンサーの剪定・切り戻し

    花が終わった後は、こまめに摘み取ると、次の花が咲きやすくなり、より多くの花を楽しむことができます。

    ピンクパンサーの病害虫

    アブラムシ
    スポンサーリンク
  • 画像投稿BBS
    ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク