冬から春の寄せ植えの候補の一覧

TOP > 一覧まとめ 最終更新【
目次
  • 冬から春の寄せ植えの花
  • パンジー・ビオラ
  • スイートアリッサム
  • ガーデンシクラメン
  • デージー・チロリアンデージー
  • クリサンセマム(ノースポール)
  • カレンジュラ
  • リナリア
  • ブルーデージー
  • クリスマスローズ
  • ネモフィラ
  • ヒデンス(ウィンターコスモス)
  • アジュガ
  • ハナカンザシ
  • レウィシア
  • カラーリーフ系
  • ハボタン(葉牡丹)
  • シルバーダスト(シロタエギク)
  • シルバーレース
  • プラチーナ
  • タイム
  • ジャノヒゲ系
  • 最後に…
  • 関連記事・タグ
    スポンサーリンク

    冬から春の寄せ植えの花

    ここでは冬から春に開花する植物で背の低いものをまとめました。適当にまとめて植えても、綺麗にまとまるものを羅列しています。

    パンジー・ビオラ

    パンジービオラスミレ科スミレ属の一年草。開花時期は11月〜4月。冬のガーデニング材の定番中の定番。品種が多く、花色も多いです。寄せ植えにするなら、草丈が低く、花が小型の品種を使うといいです。

    スイートアリッサム

    アブラナ科の一年草扱いの植物。開花時期は2月〜6月。たくさん開花する有難い初心者向けのガーデニング材。夏には枯れるのですが、スーパーアリッサムと呼ばれる種は夏越しもできなくもないです。

    ガーデンシクラメン

    ガーデンシクラメンサクラソウ科シクラメン属の球根植物。開花時期は11月〜3月。シクラメンから寒さに強いものを選抜して交配させた種で、シクラメンは霜に枯れますが、ガーデンシクラメンは霜にあたっても枯れません。ただし、マイナス5度くらいの寒波が来て、土が凍結すると枯れます。草丈が大きくならないので、便利。

    デージー・チロリアンデージー

    デージーチロリアンデージー開花時期は3月〜6月 花の小さいものを選んで寄せ植えにどうぞ。春はとても蒸れる。切り戻しをして蒸れを予防してください。

    クリサンセマム(ノースポール)

    クリサンセマムノースポール)は開花時期は3月〜6月。春の定番ガーデニング材。コボレダネで増えることがあるんですが、そうして増えたクリサンセマムは花が臭いです。クリサンセマム・ムルチコーレもどうぞ。

    カレンジュラ

    カレンジュラキク科の一年草。開花時期は3月〜6月になります。霜に当たると傷んでしまいますが、カレンジュラの仲間のフユシラズは霜にも負けずマイナス10度〜15度まで耐えられます。

    リナリア

    リナリアゴマノハグサ科オオバコ科)の一年草。開花時期は4月〜6月。霜に当たると枯れる。花が小さくて可愛い。こぼれダネが落ちて、翌年も咲くことがある。

    ブルーデージー

    ブルーデージーはキク科の多年草。開花時期は4月〜6月。霜に弱いが、淡い青い花いろは他にあまりなく、ワンポイントに入れたいです。斑入り種だとなおカッコいい。

    クリスマスローズ

    クリスマスローズキンポウゲ科の多年草。開花時期は10月〜4月のどこか。日陰に強く、寒さにも強い。品種にもよりますが、俯(うつむ)いて咲き、草丈が30cmとちょっと高めになりますので、使い勝手は難しいかなとも思います。

    ネモフィラ

    ネモフィラムラサキ科の一年草。開花時期は3月〜6月。透明感のある澄んだ青い花は春にピッタリ。草丈が15cm前後と低く、寄せ植えの手前に配置するといいです。ほぼ黒い花を咲かせる「ペニーブラック」が有名。

    ヒデンス(ウィンターコスモス)

    ヒデンス(ウィンターコスモス)はキク科の多年草。開花時期は真冬以外の秋から春。非常に頑健で、庭植えにすると広がりすぎるかもしれません。線が細くて綺麗。土が凍結すると枯れます。
    ★★ウィンターコスモス

    アジュガ

    アジュガシソ科の常緑多年草。開花時期4月〜5月。非常に背の低い植物。花も咲きますが、カラーリーフとしても人気。

    ハナカンザシ

    ハナカンザシはキク科の多年草。開花時期は2月〜5月。蒸れて腐りやすいので注意。花ガラを摘んであげると、次々と花が咲きます。

    レウィシア

    レウィシアスベリヒユ科の多年草。開花時期は4月〜7月。霜に当たると枯れるし、5度以下になるとダメで寒さには弱いです。ただし、これをクリアすると長く楽しめるし、花いろも独特でいいです。寄せ植えは一般的じゃないですが、色々とやって飽きた人はレウィシアをどうぞ。

    カラーリーフ系

    花は開花しているときはいいのですが、花が少ないと寂しい。そこで開花しなくても葉っぱだけでも十分綺麗なカラーリーフを混ぜると、綺麗だし、まとまりやすい。

    ハボタン(葉牡丹)

    ハボタン葉牡丹)は花ではなくて葉っぱを楽しむ植物で、よくお正月のお飾りで利用されます。年末から春先まで出回り、頑健。大きなものもありますがミニはとても小さくまとまって寄せ植えにも適している。ただし、暖かくなるとトウが立って上へとよく伸びて暴れてしまいます。

    シルバーダスト(シロタエギク)

    シルバーダストはキク科のシロタエギクの園芸品種。春に開花しますが、開花すると株が弱るので、カラーリーフとして葉っぱを楽しむのが普通。寒さに強いけども暑さに弱い。

    シルバーレース

    シルバーレースはキク科のカラーリーフ。葉っぱを楽しむもの。秋から春にかけて流通します。他の植物と一緒に植えても、邪魔をせず、邪魔しないのに、存在感があって綺麗です。ちょっと丈が高いです。

    プラチーナ

    プラチーナはキク科の植物。シルバーリーフの脇役として使い勝手がいいです。

    タイム

    タイムはハーブ。葉っぱを楽しむカラーリーフとして。葉っぱが小さく、小さくまとめる寄せ植えにどうぞ。香りもありつつ、他の植物と合わせても綺麗です。
    タイムにはコモンタイム(通常のタイムのこと)・シルバータイム・ゴールデンタイム(レモンタイム)・クリーピングタイムなどがあります。

    ジャノヒゲ系

    ジャノヒゲリュウノヒゲ系は暑さ・寒さに強く、管理が楽で頑健で、個性が強すぎず、寄せ植えにしても邪魔をしないので、よく利用されます。

    最後に…

    春(4月)になったら、春〜夏に生育する植物に植え替えるといいです。

    冬から春の寄せ植えに適した植物が、他に提案があれば、ペンのマークから投稿してもらえると、こちらで追記していきます。
    スポンサーリンク
  • ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


    スポンサーリンク