ヒラドツツジ(平戸躑躅)の育て方

ヒラドツツジ(平戸躑躅)

ヒラドツツジ
科名ツツジ科
属名ツツジ属
学名Rhododendron × pulchrum
別名平戸躑躅
水やり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
剪定
画像投稿BBS

目次

  1. 基礎データ(科属など)と目次
  2. ヒラドツツジ(平戸躑躅)とは?
  3. 水やり
  4. 肥料
  5. 植え付け・植えかえ
  6. 管理場所・日当たり
  7. 剪定
  8. 病気・害虫
  9. 特徴・由来・伝承
  10. SNSボタン・関連記事
スマホなら左上の「もくじ」をタッチすると、同じ目次があり、項目をタッチすると項目に直接ジャンプできて便利です。PCは右のサイドバーに目次が表示されます。

ヒラドツツジ(平戸躑躅)とは?

ヒラドツツジ(平戸躑躅)とは?
文章の修正ヒラドツツジ(平戸躑躅)はツツジ科ツツジ属の低木。育て方はツツジと同じですが、ちょっとだけ違う点は「寒さに若干弱い」こと。ツツジにはいろんな種類があって、寒さに強い品種もありますから、無理にヒラドツツジを寒い地域で育てるメリットは無いので、寒冷地の人は別のツツジを育てましょう。

別のツツジについては以下のページを参考にしてください。

水やり

庭植えの水やり

水やり
文章の修正庭植えにした場合、根付いてしまえば水は自然雨だけで十分です。あまりに日照りが続くようならば水をやってください。

ただし、真夏(8月)に花芽ができ、この時期に水切れすると花芽がなくなり、翌年の開花が極端に少なくなります。夏に乾燥しないように庭植えでも水やりをしてください。

鉢植えの水やり

文章の修正鉢植えにした場合は、水切れしやすいので、しっかりと水をやるようにします。ヒラドツツジはそもそも乾燥に強くありません。そのうえ水はけの良い土で植えていて、盆栽の場合は、鉢が浅いものを使いますから大変です。

春と秋は晴れたら毎日。夏は雨が降らない限りは毎日朝夕二回鉢の底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。冬は土の状態を見て判断します。

肥料

肥料
文章の修正2月に寒肥として油粕と骨粉か、化成肥料をやります。秋には同様にやります。

肥料をやるときは株元に置かず、離して置きます。ヒラドツツジは根が浅く、根に肥料が当たると根が傷んでしまいます。心配なときは土を少しはぐってみて、根が無いか確認します。

植え付け・植えかえ

時期・頻度

文章の修正植え替えは春(2月〜3月)か秋(9月〜10月)。もしくは開花後の5月〜6月。ただし、開花しているときは植え替え・植え付けは避けます。開花しているとき根をいじると枯れることがあります。

鉢植えは2年に一回は植え替えをします。

酸性土で

文章の修正ツツジは酸性の土でないと枯れてしまいます。といっても植え付け時に鹿沼土を入れていれば、それで十分です。日本の土は雨の影響で弱酸性になりますので。

ただ、酸性を嫌う植物がいるものですから、ツツジを植える近くの土に石灰を混ぜて中和させることがあります。その影響でツツジの土が中和されるかもしれません。植える前に気をつけましょう。

用土

文章の修正サツキ・ツツジの専用培養土なるものがホームセンターにありますので、これを利用するのが一番簡単で安上がり。自作することも出来ますが、結局高くつきます。
自作する場合は赤玉土(細粒)、鹿沼土(細粒)、ピートモスバーミキュライトを4:2:3:1を混ぜてください。
ツツジ用土
ツツジ用土の購入はこちら

庭植え

文章の修正庭土を30cm〜40cmを掘り返し、土に未調整ピートモスを2割〜3割ほど足し、化成肥料を規定量入れて混ぜて用土とします。水はけが悪いようなら、鹿沼土小粒・川砂などを入れて調節してください。穴に半分の土を戻し、苗を配置します。最後にしっかりと水をやって完成です。

苗は深植えしないように、苗と地面が同じ高さになるように植えてください。深く植えると生育不良を起こします。

鉢植え

文章の修正鉢底の穴を鉢底ネットで塞いで土が出ないようにしてから鉢底石軽石)を2センチから3センチほど入れて、鉢底石(軽石)の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
植え替えの場合は古い土を3分の1ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正半日陰でも育ちますが、基本は日当たりです。半日陰では花が少なくなります。ただ、真夏は暑さで弱るのと、水切れしやすいので、鉢植えの場合、夏だけは半日陰で管理がオススメです。

文章の修正ヒラドツツジは他のツツジより若干寒さに弱いです。寒冷地では冬に枯れてしまいます。寒冷地以外でも霜には当てないようにします。

霜に当たらない方がいいです。霜に当たって一発で枯れるわけじゃないですが、傷んで弱ってしまいます。

寒冷地で育てる場合はヒラドツツジじゃないツツジを。

剪定

剪定
文章の修正花が終わったらすぐに…一週間か二週間ほどで剪定をします。ヒラドツツジは今年出た新しい枝に来年開花します。7月までに剪定するべき!と言いますが、6月でもすでに遅い。とにかく早く。それより後に剪定すると、花芽を落としてしまうことになります。開花が終わりかけくらいで剪定するといいです。

邪魔な太い枝を落とし、思い描く樹形のように刈り込みます。イラストのように全体を3センチほど刈り込むと、摘芯(=切り戻し)をしたようになって、脇芽が出て花芽が増えます。小さく仕立てたい場合はもっと深く刈り込みます。その場合は、枝だけの丸坊主になります。

病気・害虫

文章の修正ベニモンアオリンガ・イラガ・カイガラムシ・グンバイムシ・ロウムシ・ウドンコ病炭そ病などが発生します。

なかでもベニモンアオリンガが発生すると花が咲かなくなるので、早めに対応しましょう。詳細は以下のページを参考にしてください。

特徴・由来・伝承

文章の修正品種改良で沢山の品種があるツツジ科の植物。低木でよく開花する。花が大きい(10センチ)。長崎の平戸で多く栽培されていたのが名前の由来。
品種
オオムラサキ(大紫)…ケラマツツジとキシツツジの交配で生まれたのではないかとされます。
曙(アケボノ)…大紫の変種。大紫の枝の一本に変わった花が咲いていて、それを折って、挿し木して増えた品種。色合いは淡桃色で白覆輪。かなりの人気品種。
白妙…曙のさらに変種。白い花が咲く。
舞姿…桃色の花。
スポンサーリンク

SNSボタン・関連記事

画像投稿BBSやってます

画像投稿BBS

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

このページの親記事

関連記事

ヒラドツツジと同じ科の植物

ツツジ科